人気ブログランキング |

バッケ味噌食べた

f0104457_47036.jpg
<フジが展葉期に入りました>

毎年春一番に食べる山菜は、バッケ(フキノトウの方言)の味噌炒めです。

津軽地方では道端、畑地、里山などに普通に生え、手軽に手に入れることが出来る春の山菜です。

まだ塔が出ない芽か、すでに塔が立ったものは茎の部分を細かく刻み、ミリンに砂糖、酒を少々加えた味噌とフライパンで軽く炒めます。

チョット苦味がある早春の味です。これをツマミに熱燗を一杯。

f0104457_415225.jpg
<アイビーゼラニウム フウロソウ科>欧米ではベランダや窓辺用の花としては最も多く普及している花です。あまり手間がかからず、乾燥にも強く、さらにアイビー系はボリュームも出るため、窓辺のガーデニングにはお薦めの一品です。
by nouen-hananoki | 2006-04-29 04:20 | Comments(0)

花粉症歴20年

f0104457_491721.jpg
<青森から押花教室の皆さんが来園>

毎年この年になると、クシャミ、鼻水が出、涙目になる。

昔はもっとひどかった。夜寝ていても鼻がつまって息苦しく、毎日寝不足が続いた。
年齢と共に症状が軽くなってきているのは、体の新陳代謝が衰え、反応が鈍くなってきているからだろうか。

花粉症も出なくなったら、人生そろそろ初老の域か。今日もカバヤの花粉症のど飴が欠かせない。

f0104457_4171565.jpg
<ユリオプスデージー キク科>初冬から晩春まで鮮黄色の花を株いっぱいに咲かせます。深い切れ込みのある葉は、シルバーリーフの素材として寄せ植えコンテナガーデンの花材として最適です。
by nouen-hananoki | 2006-04-26 04:22 | Comments(3)

町内で一斉に実施した空缶クリーン作戦(道路沿いの缶、ペットボトル等のゴミ拾いボランテア)に参加してきました。

積雪期には余り目立たなかったポイ捨てゴミがアチラこちらに。

空缶ではコーヒー、それも砂糖入りの甘めのヤツ。ビンではリポビタンDが目立ちました。

犯人像は近くのりんご畑で剪定作業をしたオヤジ?
f0104457_4105563.jpg
<クリサンセマム ムルチコーレ キク科>花は輝くような黄金色で花茎2~3cmくらい。細い茎は這うように広がり、群植すると見事です。
by nouen-hananoki | 2006-04-22 04:15 | Comments(0)

農家は無口?

朝7時から夕方5時まで農作業。この間誰とも一言も話さないことは珍しくない。

私の場合、一人農家のため特にそうなのかも知れないが、ラジオが唯一の脳内会話の場である。

こういう特異な仕事柄、なかなか若い人向きの職業ではないのかも。
f0104457_4415685.jpg
<ビオラ スミレ科>北国では雪消え後、夏まで早春花の定番です。コンパクトな株から多くの花が次々と咲き、コンテナガーデンの花材としては使いやすい花です。
by nouen-hananoki | 2006-04-19 04:46 | Comments(3)

りんごの剪定作業も終わり、今はその剪定枝集め、焼却に忙しい毎日です。

この作業が結構大変なのです。地面に這いつくばって枝を何箇所にも集め、それらを園外に運び出します。
f0104457_4484989.jpg


暇に任せてチョット計算してみました。
5分で200本くらい集められます。1時間では2400本。私の園地は20aで1人で5時間半かかったから、集めた本数は13200本。平均りんご経営面積を1.5haとすれば99000本。

私の場合でも13200回のスクワット。一般農家は99000回のスクワット。これは1人では無理。3人でやるとして春先のりんご農家は1人33000回のスクワット?
f0104457_15574545.jpg
<スノーランド(クリサンセマム パルドサム)>花茎4cmほどのかわいい白花が株いっぱいに咲きます。耐寒性があり、群植するとみごとです。
by nouen-hananoki | 2006-04-12 16:01 | Comments(2)

花の木とは

花の木とはイタヤカエデの別称で、主に東北地方ではこういう呼び方をするところがあります。
この木の花は早春に他の花に先駆けて咲き、木全体を被う様はさながら花の木の感があります。

またこの木は当地青森県北津軽郡板柳町の町の木に指定されています。
板柳町は板屋野木(イタヤカエデ)と柳(シロヤナギ)が広く生い茂った岩木川原に栄えた町で、町名の由来はここからきています。

この地を拠点にりんごと花卉の生産を行い、地域の人々と共に発展していこうという思いを込めて当農園を花の木と名付けました。

f0104457_573266.jpg
<りんごフジの冬芽>まだ芽はお休み中です

f0104457_5122691.jpg
<クモマグサ ユキノシタ科>草丈10cmくらいのかわいらしい小さな花がたくさん咲きます。寒さには強いが高温多湿には弱いので北国ならではの花です。
by nouen-hananoki | 2006-04-08 05:16 | Comments(3)

積雪ゼロになりました

りんご園には少し残雪があるものの、青森市の積雪は4月1日でゼロになりました。

りんごの剪定作業も終わり、薬剤散布等引き続き春の農作業もスタートします。

今年もおいしいりんご作りを目指してがんばります。
f0104457_427525.jpg


ハウス内ではそろそろ春の花も咲き始めてきました。

これから1年を通して北国青森の地で咲く花を旬花(しゅんか)として発信していきたいと思っております。
f0104457_4303544.jpg
<ヒメキンギョソウ(リナリア) ゴマノハグサ科>
草丈は25cmと低く、ほのかな香りと黄目の複色が魅力的な早春を飾るのにふさわしい花です。
by nouen-hananoki | 2006-04-05 04:35 | Comments(0)

2006年度からブログ作成者の仲間入りをさせていただきます。
当方脱サラ農家で、青森県津軽地方にてりんごと花卉を栽培しています。
りんご園の四季四季折々の旬の花それに日々思うことをリアルタイムで発信していきたいと考えています。
これからよろしくお願い致します。
by nouen-hananoki | 2006-04-01 00:01 | Comments(0)