人気ブログランキング |

ブログトップ

f0104457_4275489.jpg

りんご作業の終盤、収穫、選果、市場出荷、宅配(これだけはまだ継続中)も終わり、先週末には支柱を片付け、施肥もし、今年のりんご作業はすべて終了しました。ヤッター!

あっ。晩生種の「金星」の収穫(1手籠分だけですが)忘れていました。

これの無袋栽培は、表面に痘痕やザラツキが多く、見かけは決して良くありませんが、ここまで収穫を延ばすと多汁で歯ざわりも良く、甘味と香は最高です。

保存性も高いりんごなので、来年の正月にでもゆっくりいただきますか。お疲れ様でした。
by nouen-hananoki | 2006-11-29 04:25 | Comments(0)

りんご、市場出荷へ

f0104457_5454698.jpg

市場へ出荷するためには、選果してから決められた等級別に出荷することになります。

その等級は、上実(大玉、中玉、小玉)、二番手(大玉、中玉、小玉)、青実(大玉、小玉)、ハネ(大玉、小玉)の計10等級です。

当農園では、上実はすべて宅配(30%)、二番手以下を市場出荷(50%)と加工ジュース他(20%)へ回しています。

選果と出荷、今日で終了しました。あとは注文に応じて宅配を残すだけです。ホット一息・・・
by nouen-hananoki | 2006-11-25 05:54 | Comments(0)

りんご収穫終了しました

f0104457_355484.jpg

今年のりんごの収穫、やっと終了しました。

「ホッ」とすると同時に、果実のないりんご樹の風景は、チョット寂しい気持ちになります。

今は、選果しながら市場出荷、宅配の作業に追われる毎日です。
f0104457_3593141.jpg
<オンシジウム ラン科>北国でも比較的簡単に育てられるランのひとつです。家の放任ランは、いつも不定期に花をつけます。
by nouen-hananoki | 2006-11-22 04:01 | Comments(0)

f0104457_483727.jpg

ほぼ2週間続いた悪天候も、ここに来てようやく回復傾向を見せているので、この週末一気に収穫を終わらせたいと思っています。

今年のりんごは、糖度・熟度は申し分ないのですが、収穫前の日照不足のため、色付きがイマイチでした。

ただ、りんごの相場は、テレビで放映された「りんごダイエット」(毎食前に皮付きりんごを半分づつ食べる)が評判を呼び、特に黄色いりんごが効果が高いということで、王林を筆頭に全般的に高めに推移しています。

TVの力は今さらながらすごい。
by nouen-hananoki | 2006-11-18 04:17 | Comments(0)

f0104457_12115734.jpg

周囲の農家では、ほぼ収穫が終了した中、当農園でもようやくサンふじの収穫を開始しました。

糖度15度以上、完熟りんごの完成です。

11月初旬の連休明けから、ずうっと続く時雨模様の中、一人で収穫、集荷、選果、市場出荷、宅配はかなりのハード作業です。

今週末の収穫終了を目指し、天候の回復も願いつつ、今日も一人で園地へ・・・
f0104457_12181886.jpg
<バコパ ゴマノハグサ科>最近よく見かけるようになった比較的新しい花です。どんどん横に広がり、日持ちもよく、あまり手間もかからず、寄せ植えアレンジには重宝する花です。
by nouen-hananoki | 2006-11-15 12:22 | Comments(0)

f0104457_134297.jpg

周囲のりんご農家からは10日遅れで王林を収穫しました。

糖度16度(一般には13度くらい)。先日(7日)の寒冷前線に伴う収穫前落果(3%くらい)のアクシデントもありましたが、十分に甘味の乗った美味しいりんごに出来上がりました。

週間天気予報を見ると、これから1週間はすべて時雨模様で時には雪も混じるとか。最後のつらい収穫ロードになりそうです。
f0104457_131015100.jpg
<コロセアムアイビー ゴマノハグサ科>こぼれ種で簡単に増え、雑草と見間違うほどになります。これも昨年のこぼれ種がハウスの脇で育ったものです。
by nouen-hananoki | 2006-11-11 13:14 | Comments(1)

りんご台木も実りました

f0104457_1022582.jpg

f0104457_10232280.jpg

りんごの苗木を増やすのには、接木による方法をとります。
その根に当る部分(台木)の樹種には、マルバカイドウ(写真上)とミツバカイドウ(写真下)を使います。

樹園地の片隅にあるこれらの台木も小さい実をつけました。
生け花用装飾としてもらっていく人も多く、また実は甘酸っぱくて結構食べれます。

ただ今りんごの糖度、王林16度、サンふじ14.5度。王林はいつでも収穫OK。サンふじはもう一息です。
f0104457_10301411.jpg
<宿根カスミソウ ナデシコ科>鉢用にヒメカスミソウとして出回っています。花期は春ですが、夏に切戻すと今の時期にも再び咲きます。
by nouen-hananoki | 2006-11-08 12:02 | Comments(0)

糖度チェック

f0104457_3573194.jpg

今年の収穫までのりんご作業は、すべて終了しました。あとはいつ収穫するかを決定するだけです。

糖度計で糖度をチェックしてみました。王林14.1度、サンふじ13.8度でした。

一般的に糖度は12度以上あれば良とするので、当農園のりんごはすでに収穫可能となっていますが、さらに美味しさを増すために、糖度15度を目指して収穫日を決定するつもりです。

農事情報によりますと、無袋ふじの収穫日は11月7日からだそうですが、周囲の園地を見回すと、王林、有袋ふじの収穫はすでに終了しています。皆さん早過ぎ?
f0104457_482047.jpg
<ミニカトレア ラン科>正式名称は、ソフロレリオカトレア‘ミユキ’です。ほとんど放っておいて、忘れた頃にポット花が咲きます。今さらながらランの生命力にはいつも驚かされます。
by nouen-hananoki | 2006-11-04 04:14 | Comments(4)

f0104457_4331540.jpg

f0104457_433473.jpg

中生種の「北斗」(写真上)と「こうこう」(写真下)を収穫しました。

「北斗」は大玉で味がよいので、新種としてデビューした当時は、消費者の人気も高く、栽培面積もあっというまに広がりました。

しかし、いざ作ってみると落果し易く、心カビ病、つる割れ等も多く非常に作りにくいため、今では新規に作付けする人はほとんどいません。

「こうこう」は弘前大学農学部で育種した品種で、見かけはあまりよくありませんが、作りやすいこと、日持ちもよいことなどから生産者には根強い人気もあるようです。
f0104457_441217.jpg
<クレロデンドルム クマツヅラ科>熱帯花木の一種で、冬は10度前後を保つ必要がありますが、3度くらいでも何とか越冬できます。
by nouen-hananoki | 2006-11-01 04:31 | Comments(0)