人気ブログランキング |

仕上げ摘果終了

f0104457_5405427.jpg

5月中旬の摘花に始まり、一つ成り摘果、二番摘果、仕上げ摘果と7月下旬まで延々二ヶ月半続いた一連の摘果作業も、ついに終了しました。
いやさせました。

やっと一区切りです。

この間、たまりにたまった雑誌、カタログ、業界新聞の整理をしながら、引き続きさし木苗のポット上げ作業にかかります。
f0104457_546867.jpg
<ヒポエステス キツネノマゴ科>葉に赤やピンクの斑点が入るため、別名「ソバカスソウ」と呼ばれます。花よりも葉を観賞する観葉植物として、夏のコンテナガーデンのアレンジに使います。
by nouen-hananoki | 2007-07-28 05:49 | Comments(0)

実験・有袋栽培

f0104457_450106.jpg

当農園のりんごは、すべて無袋栽培をしてますが、有袋と無袋との味の違いを立証するため、一部袋を掛けて栽培してみることにしました。

また、有袋栽培の除袋時に絵シールを貼って、絵入りりんごにも挑戦してみます。

摘果は最後の仕上げの段階に入りました。
f0104457_4552865.jpg
<トレニア・バイロニー ゴマノハグサ科>別名ナツスミレと呼び、熱帯アジア原産のため夏の高温多湿はお手の物です。よく日に当て水切れと肥料切れに注意して育てます。
by nouen-hananoki | 2007-07-21 04:59 | Comments(3)

プルーンも摘果

f0104457_5373190.jpg

りんご園に隣接し、プルーン、ゼネラルレクラーク、水密等も自家用果樹として植栽しています。

これら果樹も全部摘果します。

摘果、摘果、摘果の毎日です。・・・・・
f0104457_5402459.jpg
<インパチェンス・八重 ツリフネソウ科>本来はアフリカ原産の宿根草ですが、寒さに弱いため、春播き一年草として取り扱います。花が散らかる難点はありますが、半日陰でも育ち特に八重は非常に見栄えがします。
by nouen-hananoki | 2007-07-14 05:44 | Comments(0)

梅雨時はさし木の適期

f0104457_456984.jpg

雨降りは、りんご作業も休み、ハウス内でさし木三昧です。

さし木に欠かせない条件は、
①湿度が高く、曇り空
②気温も比較的高い(25度前後)
③植物の成長がいい
ということで、この梅雨時がピッタリなのです。

1日に400~500本くらいのペースで、刺すのは簡単ですが、穂木の調製の方に時間がかかります。

ポイントは、節のすぐ下を斜めに切り、十分水上げをした後、発根促進剤(オキシベロン)を塗ってすばやく刺し、刺した後は絶対乾かさないことです。
f0104457_545420.jpg
<メランポジウム キク科>初夏から晩秋まで高温多湿によく耐えて長期間咲く、手間のかからない花です。しかし、発芽まで日数がかかり、チョット作りにくい花でもあります。
by nouen-hananoki | 2007-07-07 05:08 | Comments(0)