今年のりんご総決算

f0104457_5435262.jpg

先週降った雪も解け、いつもの11月下旬のたたずまいを見せている現在のりんご園です。

今年のりんご栽培は、生産者にとっては最悪の年でした。

春先の霜・雹被害から始まって、秋口の再度の雹害、ふじのつる割れ現象の多発、そして先週の雪害(枝折れ、幹倒れ)まで気象災害によりかなりのダメージを受けました。

これらによって、りんごの良果率も低く、加工用りんごが巷に溢れ、市場価格は低迷しています。

さらには今年、台風が日本列島に上陸しなかったこともあり、競合するミカン等他の果物が豊作で、また世間の不況感も加わり、市場価格は例年の半分以下です。

一方消費者にとっては、りんごの見掛けさえ気にしなければ、その分おいしいりんごを安く食べれるのではないでしょうか。
[PR]
by nouen-hananoki | 2008-11-29 06:06 | Comments(0)

f0104457_6471143.jpg

11月19、20日。この時季の雪としては、史上最高の積雪だとか。

平地での初雪が、積雪30cm越えとは・・・

当りんご園では、収穫は終わった(町内の園地では1~2割くらいは未収穫の園地も)ものの、まだ葉がついてる状態、支柱をはずした状態へ湿った雪がドカッと降ったため、雪害(枝折れ、幹折れ)がアチラコチラで見られました。

りんご農家にとっては、春、秋の霜・雹害から雪害へと最悪の年になりそうです。
[PR]
by nouen-hananoki | 2008-11-22 04:17 | Comments(0)

f0104457_5152448.jpg

今年のりんごの収穫、やっと終了しました。

収穫の喜びというよりは、天候とのにらみ合い、お助けマンの助けを借りて、今年もどうにか終了し、「ホット」したというのが正直な気持ちです。

幕開けは、「テープカット」「始球式」で始まりますが、終了イベントは何と言うのでしょうか。

最後の1個を収穫しているお助けマンです。

さしずめ「終果式」「果実(たま)納め」でしょうか・・・
[PR]
by nouen-hananoki | 2008-11-15 05:22 | Comments(0)

f0104457_15533375.jpg

例年より4,5日早く、晩生種・ふじの収穫が始まりました。

今年は、春先の霜、雹被害さらに秋口9月に再び雹被害が追い打ちをかけ、りんご農家にとっては散々な1年でした。

当農園ではこれら被害は免れたものの、世間の不況風ともあいまって、りんごの市場価格は停滞ぎみです。

市場価格や見掛けはともかく、「おいしいりんご」作りのコンセプトは堅持しつつ、収穫終了まであと1週間。筋肉痛と風邪気味の体調をいたわりつつ、もうチョット頑張りますか。
[PR]
by nouen-hananoki | 2008-11-08 05:36 | Comments(1)

植物教室終了

f0104457_735599.jpg

町内の小学生を対象に行ってきた、今年の植物教室が10月で終了しました。

最終回は、前回シールを貼り付けた「絵入りりんご」の収穫と、夏に実行した挿し木苗の寄せ植えで終了しました。

りんご作業は「つる回し」が終わって、あと1週間後の収穫を待つばかりとなりました。

ただ今のりんごの糖度は、王林15度、ふじ14度。十分の甘さです。
[PR]
by nouen-hananoki | 2008-11-01 07:10 | Comments(0)

脱サラ農家のりんご栽培と花卉栽培をリアルタイムで
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30