1日に10cm

f0104457_836204.jpg

1週間前70cmあった積雪が、あっというまにゼロになりました。

1日当たり10cmずつ減っていったことになります。

このようなペースでの雪解けは過去に記憶がありません。

ハウス内の鉢花もいよいよ本格的に活動を開始します。

冬期間休眠していた鉢花の枯葉を取り、剪定で姿を整え、液肥または化成肥料を施し、殺虫剤・殺菌剤をかけて調整が完了します。

あと1ケ月もすれば出荷の最盛期を迎えます。
f0104457_8305867.jpg

[PR]
by nouen-hananoki | 2014-03-30 08:32 | Comments(0)

彼岸じゃらく

f0104457_8475660.jpg

青森県南部地方(太平洋岸)に降るこの時期の湿った雪を「彼岸じゃらく」といいます。

彼岸の中日にはこの雪が降りました。

この白のイメージに合うハウス内で開花している花があります。

キク科のローダンセです。

また下の写真は4月1日にオープン予定のつがる総合病院(五所川原市)、9F病室からの雪景色です。

「暑さ寒さも彼岸まで」

この雪が降るといよいよ春の訪れを感じます。
f0104457_8595028.jpg

[PR]
by nouen-hananoki | 2014-03-22 09:01 | Comments(0)

ケッパレ「青森ワッツ」

f0104457_7133142.jpg

今年からプロバスケットボールリーグに参戦している「青森ワッツ」に注目している。

今のところ勝率5割で東リーグ(11チーム中)6位にいるが、先日のリーグ1位の秋田との試合では、16点差を覆した逆転劇で大いに盛り上がった。

これに気をよくし、次の日急遽観戦にいったが大敗。

私が観戦すると必ず負けるのよね~。

「ワッツ」は方言で思いっきり、力いっぱいという意味です。

ワッツどノシテマレ(やっつけろ)「青森ワッツ」!
f0104457_73456100.jpg

[PR]
by nouen-hananoki | 2014-03-16 07:35 | Comments(0)

花苗出荷はビオラから

f0104457_78148.jpg

昨年のこの時期約1mあった積雪は、今年はその半分くらいです。

その分今年の春はちょっとだけ早く訪れそうな気がします。

啓蟄も過ぎ、ガーデニング用のポット苗の産直販売は昨年より2週間早く、まずはビオラからスタートしました。

積雪があるため戸外にはまだ植えることはできませんが、玄関やポーチのちょっとした飾りとして、春を感じたいのでしょうか、産直では結構人気があります。
[PR]
by nouen-hananoki | 2014-03-08 07:21 | Comments(0)

f0104457_4511626.jpg

3月の声を聴くと、今年の花の産直出荷が本格的にスタートします。

その中で目に付くのが、キク科植物の面々。

写真のマーガレットを初め、ハナカンザシ、ユリオプスデージー、サイネリア、ローダンセ、ノースポール、ムルチコーレ、マトリカリア、オステオスペルマム、ムラサキルーシャン、ブルーデージー等圧倒的にキク科植物が多いのに気がつきます。

積雪はまだ50cmありますが、「弥生3月」の響きは心も浮き立ちます。
[PR]
by nouen-hananoki | 2014-03-01 05:03 | Comments(0)

脱サラ農家のりんご栽培と花卉栽培をリアルタイムで
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30