絶景かな、雪渓かな~

f0104457_11261981.jpg

先週久しぶりに八甲田山へ行ってきました。

コースはロープウエイ~田茂萢山頂駅~赤倉岳~井戸岳~大岳ヒュッテ~毛無岱~酸ヶ湯です。

登山道はすっかり整備され、足元をあんまり気にすることなくゆっくり景色を楽しめました。

今の時期には何回か登ったことはありますが、雪がこんなに残っている風景は初めて見ました。

大岳登山道に一部雪は残っていましたし、大岳東斜面(万年雪の場所)ではスキーをしていました。

薄い雲はかかっていましたが、風はあまり強くなくその景色は

「絶景かな、雪渓かな~」
[PR]
by nouen-hananoki | 2014-06-29 11:53 | Comments(1)

そして「デンファレ」も

f0104457_8504567.jpg

その他の洋ランの導入については、デンファレ(デンドロビウム・ファレノプシス)も検討しています。

これはデンドロビウムと胡蝶蘭の中間の性質をもち、最低温度15度以上を保てる環境があれば栽培も可能なのかなと考えています。

良品づくりは今後の課題としても、問題は当面どこに販売するのかということになると思います。
[PR]
by nouen-hananoki | 2014-06-21 08:57 | Comments(0)

f0104457_16423861.jpg

当社では、観葉植物の導入も検討しています。

その手始めがアグラオネマ(サトイモ科)です。

すでに栽培しているバンダと栽培環境が似ているので、これも試してみることにしました。

最低で10度c以上を保ちつつ、強光に当てないようにし、空気を動かして様子をみていますが、今のところ順調に育っています。

今後どのようにして成長させるのか、どうやって販売していくのか併せて現在検討中です。
[PR]
by nouen-hananoki | 2014-06-16 16:52 | Comments(0)

チョット得した気分

f0104457_84002.jpg

りんご摘果の真っ最中です。

間引きしながら(4頂芽に1果残す)中心花(果)だけを残す作業ですが、とにかく手間がかかります。

そうした作業をしている中で、よい位置に成っている、プックリした果実を摘果し終えた場合、ほんのチョットだけ得した気分になります(前者写真から後者写真へ)

この作業の積み重ねで、少しずつ摘果が進んでいく「チョットだけいい気分」をやりがいとして、5~6月までの約2か月間、摘花・摘果作業にいそしむのです。
f0104457_8471485.jpg

[PR]
by nouen-hananoki | 2014-06-07 08:50 | Comments(0)

f0104457_9161523.jpg

「ゴルゴダの丘で磔刑になったキリストが実は密かに日本に渡っていた」そこで生涯を全うし、お墓まで作られていました。青森県新郷村。

それがこの写真。手前がキリストの墓(十字架)。後ろにあるのがキリストの弟イスキリの墓???

その根拠として挙げられているのが
・ダビデの星を家紋とする」家が代々ある
・子供を初めて野外に出すとき額に十字の印を炭(スス)でかく
・この地方の旧名「戸来(へらい)村」はヘブライに由来する
・父親をダダ、母親をアバと呼ぶのはアダムとイブの意味
・この地方には昔から伝えられている「ナニャドヤラ ナニャドナサレノ ナニャドヤラ」という意味不明の盆踊りがあり、これがヘブライ語に置き換えられる等々

このほかにも様々な言い伝えがあるみたいです。

真偽はともかくとして、とにかく面白い・・・

キリストとまではいかなくても、何らかの関係者がこの地に住み影響を与えたというのは本当かもしれない???
[PR]
by nouen-hananoki | 2014-06-01 09:37 | Comments(0)

脱サラ農家のりんご栽培と花卉栽培をリアルタイムで
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30